採用情報 Recruit

社員インタビュー Interview

03 D.Y 2018年入社 建築部

Q 斉藤組を選んだ理由

父が電気工事の仕事をしていたので、もともと建築関係の仕事には関心があり、大学も施工管理が学べる学科を選びましたが、それが「やりたい仕事」としてはっきりとした形になったのは、大学のときに参加した斉藤組のインターンシップでした。大学で建築を学んでいたとはいえ、実際に現場でいろんな体験をさせていただいたことで、学んでいた知識が実際の現場でどう役立つのかを実感でき、興味が深まりました。また、現場の雰囲気がとても良く、ここなら長く続けられると感じたのも、斉藤組を選んだ理由のひとつです。

Q 今の自分の仕事

私は現場監督として、学校や公民館、老人ホーム、保育園などの施工管理を担当しています。その中で特に印象に残っているのは、キャリアが浅い時期に担当したある現場です。お客様が建物に強いこだわりのある方で、対応には本当に苦労したのですが、こんなに強い想いを持った方もいるのかと驚きました。最終的に納品した物件には満足していただき、そのお客様とは今でも親しくお付き合いさせていただいています。建築事業は、お客様にも育てていただける面があると実感できた仕事でした。

Q 斉藤組の魅力

社員を大事にしてくれるところが最大の魅力だと思います。私が初めて現場監督を任されたのは、入社して3年目くらいだったと記憶していますが、こんなに早く責任のある仕事を任せてもらえることに驚きました。最初のうちはどうしても工期が遅れがちになってしまうのですが、先輩が自分の現場を終わらせた後にサポートしに来てくれたり、さりげなく改善点をアドバイスしてくれたりと、人の温かみを感じました。任せてくれる部分と助けてくれる部分のメリハリがあって、やる気がある人なら成長できる会社だと思います。

建築業の現場監督に限らず、どんな仕事でも実際に見てみなければ本当の姿はなかなかイメージできないと思います。私自身、迷わず会社選びができたのは、インターンシップがあったおかげだと感じています。もしこの仕事に興味があるなら、ぜひインターンシップを活用して私たちの会社を見に来てください。お会いできるのを楽しみにしています。